基本的には、自由設計ですが・・・あえてシンプルで機能的な企画型プラン集をご用意しました。

投資家目線で、総合的に考えられた合理化プランです。テーマは、「素材美と可変性」家族のライフスタイルの変化に柔軟に対応できるプランです!

 

K I W A M I   D E T A I L 

極み(プラン)

極み

コンセプトハウス 推奨プラン

土地+家+太陽光発電+外構

合計金額 約5,746万円 (税込)

​(※諸経費を含みます。土地代は消費税はかかりません。)

極み 室内平面図
極み 室内平面図
極み 配置図
極み 外構平面図
極み 外観
極み 外観
極み 内観
極み 内観
極み 外構

​26,676,000 円

7,020,000 円

1,728,000 円

3,780,000 円

756,000 円

3,996,000 円

648,000 円

12,856,000 円

57,460,000 円

​※ 表示金額は税込価格です。土地代は消費税はかかりません。

≫ 概算書の明細についてはこちら(PDF)

ベタ基礎

湿気対策や耐震性などの観点から採用。
基礎と土台をアンカーボルトで固定し、ホールダウン金物等で補強。

 

出し桁

神社・寺社などで古くから活用されてきた。樋先まで2000mm超。さぬきのカンカン照りを遮り、遮熱効果を期待。アウトリビングの雨除け効果大。

木造軸組構法・可変性

さぬきの気候風土に適した日本伝統工法にこだわりをもち、強みである構造計算に裏打ちされた確かな技術。将来的な居住スタイルの変化にも柔軟に対応。

6000mmの通し柱・構造用集成梁

階高3000mm。一階の天井高=2900mm。通常の天井高より500mm以上も高く、最近話題のエアープランツのアレンジに最適。

合掌造り・洋小屋

西洋の屋根組みであり耐震性に優れ、あらわしの大空間が可能。本来の素材美を演出。

屋根材

カラーベスト・ガルバ・洋・和瓦etc予算に応じて対応。太陽光発電システム設置と比較的相性の良いガルバがお勧め。

外壁・通気工法

16mmサイディング・吹付け・ジョリパット大壁・タイル張りetc予算に応じて対応。外観デザイン提案も充実。

断熱材・遮熱シート

カンカン照りから家を守る。断熱材は、グラスウール・ロックウール・アクアフォームetc予算に応じて対応。

床材・フローリング

機能・デザイン性を追求した新建材から質感・素材感を重視した無垢まで予算に対応。

ガラスブロック・あらわしetc

インテリアの意匠性を高める為に、「素材感」をコンセプトに、シンプルでありながら高揚感を演出。

 

ワンポイントアドバイス

讃岐の気候って?
瀬戸内海式気候と言われ、晴天の日が多く雨量が少ないのが特徴で、日照時間が長い。しかし、少雨の傾向は夏場に多く水不足をもたらし、大雨になると河川が氾濫し、洪水をもたらした。積雪も一冬に1〜2回程度は起こるが、大雪は少ない。夏は、瀬戸内海の「凪」や四国山地越えのフェーン現象などの影響で、猛暑日や熱帯夜になる日も少なくない。西讃方面が、やや雨が多い。川が少なく、どれも33〜38kmぐらいで短いため、昔から渇水対策に手を焼いてきた。このため古来より雨量、河川の流水量ともに少なく、県内各地に14,000を超えるため池が造られ点在している。自然災害の少ない方から全国3位(2008年統計)

近代在来軸組構法の歴史【1960年以降】
木造軸組構法の耐震基準は兵庫県南部地震(阪神大震災)や新潟県中越地震などの大きな地震によって脆弱性が指摘されるたびに見直され改正されている。

■山本清工務店の強みを生かしたひと味違う在来軸組構法

合掌造り・洋小屋
西洋の組み方であり、平面トラスを組むので梁間を和小屋に比べ広くする事ができ、強度上必要な柱の数を比較的少なくできるので、和小屋に比べて部屋や屋根裏の空間を広くとる事が出来る。

出し桁・2000mm
よく神社などでお見掛けする工法を採用し、樋先まで2000mm超。さぬきの夏場のカンカン照りを遮り、遮熱効果がある。また、合掌造りと併用する事で、太陽光発電システム設置可能容量も増大。まさに、さぬきの気候に合わせた一石二鳥の合理性である。

6000mmの通し柱・階高3000mm
一階の天井高=2400mm<天井高=2900mm…どちらが空間演出として快適でしょうか?エコの観点から廃材を極限まで減らし、余すところなく在来軸組構法のメリットを引出す。

ダイナミック構造用集成梁
ムク材の1.5倍以上の強度性能を持ち、長尺スパンが可能である。

〒761-8076 香川県高松市多肥上町758-8

TEL:087-880-3931 Mobile:090-7629-0417

MAIL:noah-investors@gf6.so-net.ne.jp

Copyright (C) 2016 mirai-hakobune-project. All Rights Reserved.