「巧」職人とコーディネーターがコラボ、
あなたの“夢”実現を
サポートします。

アイランドキッチン

ホームパーティーはいかが?
昼下がりのお茶会なんかもいいですね・・・

収納力とデザイン性にこだわって作られたアイランドキッチンは、広々とした天板スペースで、対面で下拵えをしたり料理をしたりと、既製品には無いサイズ感覚が新鮮です。オーダーキッチンならではのサイズやカラーバリエーションなどの豊富さも魅力。
 

ソファー・ソファーテーブル

休日の趣味ができました・・・

今ははっきりと言えます

3人掛け+オットマンと左右どちらも選べるカウチソファに組替え可能なソファです。
張生地は約40色の中からセミオーダーも可能。2つ1組のセンターテーブルは、それぞれソファサイドや背面側など、いろいろな場所でご使用いただけます。

 

食器棚

奥行き650mmと冷蔵庫の奥行きにも

ジャストフィット

家電製品やダストボックスまで隠して収納出来る食器棚。食器や調理器具のみならず、多目的収納としても抜群です。デザイン性&機能性を追求したサイズや色のオーダーが可能です。
 

TVボード

趣味は映画観賞。100インチ大画面が

インテリアにベストマッチ

既製品ではまず作られていない100インチテレビまで対応可能な壁面収納です。
画面以外の余分なものが無くなる様、見せる収納と隠す収納スペースがバランス良く配置されております。

 

ダイニングテーブル

一日一度はこのダイニング・コミュニケーションテーブルに家族が集いたい

天板の形状が特徴的なダイニングテーブルは、「家族のシンボルテーブル」として自由自在にデザインできます。家族構成に応じてテーブルセッティングにゆとりがあり、家族の距離をぐっと縮めてくれることでしょう。
 

スリット感がたまらない!

まるで映画のヒロイン

らせん階段・手摺

大きな吹き抜けにとても相性が良い。リビングダイニングの中央に配置されながらも邪魔しない印象的な螺旋階段。オブジェとしてインテリアの主役です。アクセントに捻り加工なども入れた手摺や、無垢材を加工した踏板までフルオーダーで製作しております。

ヨクバリ・クローク

奥行き600mmだからコート、上着から、
何でも収納できるヨクバリ・クローク

シュークロークにスペースを割かなくても、ジャケット、コート他、靴以外の外出前に必要な物が全て収納出来る、まさに便利なヨクバリ・クローク。新しい下駄箱概念です。
 

洗面化粧台

お風呂から上がると何にも見えない化粧台より、いつでも気兼ねなく使える方がいいに決まっている

来客時、自慢の化粧台がお出迎え。デザイン性と機能性を兼ね備えた頼もしい「おもてなし洗面化粧台」。高級感を漂わせ、「また来たい!」ゲストの記憶にきっと残るでしょう。
 

ユーティリティー収納

洗濯~物干し~アイロンがけまで

お任せ下さい

毎日毎日、洗濯して、2階まで持って上がって干して・・・また1階でアイロンがけですか?たった3帖のスペースでやっつけてしまいましょう!これからは、家事動線「ゼロ」の時代です。
 

内部建具

住む人のセンスを感じさせる、

家具と同じデザインのドア

ありそうでない家具と同じ色・デザイン建具。まさに「あなただけ」のオンリーワン・インテリアデザインです。これこそが自己実現。何でもやってしまいます。
 

 

ワンポイントアドバイス

インテリアコーディネートって立派な芸術なんですよね〜
これも家造りと同じように知識と経験と何よりどれだけの引き出しを

持っているかによってインテリアの出来栄えが左右されてしまいます…
「奥様!大丈夫ですか?」
間取りの打ち合わせを幾度となく繰り返し、設計が完了して、着工、上棟…
大体この辺りに差し掛かってくると、ご主人様の「打ち合わせ疲れ」が、
ピークとなり、ご主人様の一言「ここからバトンタッチ!頼んだよ!」
インテリアは、ほぼほぼ奥様に丸投げ状態です。
世間一般の家造りのインテリアは、二の次、三の次へと追いやられてしまいます。
「奥様!勿体ない家多いですよ〜」
インテリアこそ目に触れるから最重要なんです…だから
…しっかり押さえておかないと…
「奥様!責任重大ですよ〜」

照明器具にしたって照度がわからない…
カーテンだって家具にあうのかわからない…

ましてクロス決めなんて一人で決められるわけないじゃない!

トータル・インテリア・コーディネートを相談できる
エキスパートが必要ではありませんか?
インテリアセンスをエキスパートと一緒に磨きませんか?

〒761-8076 香川県高松市多肥上町758-8

TEL:087-880-3931 Mobile:090-7629-0417

MAIL:noah-investors@gf6.so-net.ne.jp

Copyright (C) 2016 mirai-hakobune-project. All Rights Reserved.